読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nikki

(できるだけ)写真を載せずに書くところ

甘利氏の辞任

よしなしごと

説明会見から辞任までの流れを見ていて、「日本ならではだなあ」とおもいました。

甘利氏自身にやましいことはないようですが、秘書が勝手にお金を受け取り一部私用に流用したことについて「監督責任」を取る形で辞任されました。

 

秘書がやったことは、社会人としても完全にアウトでしょう。

上司は常識の範囲外のことまで面倒みないといけないんでしょうか。

 

政治家だから、お金に関してあれこれ言われるのは当然だとおもいますが、この件については、日本が個人主義ではなくて、世間主義だと再認識した次第です。

アメリカとかでは、自分に非がなければ辞任しないでしょうね。

(まあその分、徹底的に個人の責任が追及されますが…)

 

甘利氏の政治団体という小さい世間に対して、日本社会という大きな世間が糾弾されたわけです。

 

広告を非表示にする