読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nikki

(できるだけ)写真を載せずに書くところ

「ブロントサウルス」復活!

うれしいこと

natgeo.nikkeibp.co.jp

コドモのころ恐竜が好きだったわたしは、日がな一日恐竜図鑑をながめて想像していました。
なかでも、「いちばん大きい恐竜」として有名だった、ブロントサウルスが大好きでした。

オトナになって、「そんな恐竜はいない」と知ったときは、とてもショックでした。

が、近年のディプロドクス科の研究の成果で、ブロントサウルスが立派に一つの属をなしていた恐竜であることが判明したそうです。
ブロントサウルス、おかえりなさ〜い!(^◒^ 三 ^◒^)

昔は、その巨体を支えるために水の中で暮らしていたであろうと想像されてましたが、ディプロドクス科の恐竜は、首と尾を橋脚のようにのばしてバランスを取っていたと推測されています。
尾は垂らしてなかったんですね。

残っているのは骨だけとはいえ、研究が進むと、いろんな新事実がこれからも続々と出てくるだろうとおもいます。
古生物学の進展に期待します( ´ ▽ ` )ノ