読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nikki

(できるだけ)写真を載せずに書くところ

恵方巻き

いつの間にやら関東でもすっかり定着した、節分に太巻きを食べる恵方巻きの習慣。

わたしが育った地方ではまったくやってなかったので、はじめて聞いた10数年まえは驚きました。

え?巻き寿司を一本丸ごと食べる???食べているあいだはしゃべっちゃいけない?

 

食べる光景を想像して、おもわず「下品だ……」とおもったのですが、その起源が花街での花魁遊びにあると知ってなるほど納得。モロじゃないですか、、、

 

それを寿司屋さんが商業ベースに乗せて「伝統」として売り出したものらしいですね。

終戦前の大阪でのことのようです。

 

そうかんがえれば、70数年の歴史があるわけですから、もう伝統になってしまっているのでしょうが、う〜ん、自分ちでは巻き寿司をがぶ食べ?する気にはならないですね^^; 起源を知ってしまったからにはなおさら。

もし食べるのなら切って食べたい(一本まるまるも食べられないし)

広告を非表示にする

大河ドラマ

「おんな城主 直虎」の第4回、「女子にこそあれ次郎法師」の回を見ました。

この回に注目したのは、井伊谷の様子が再現されていると知ったからです。

 

う〜ん、かなり土の匂いあふれるセットですね!

このころはまだ中世の面影を色濃く残しているとおもわれるので、おもしろく拝見しました。

"城下町"といっても、ほぼ村です。これなら江戸時代の一般的な村のほうが断然豊かだったかもしれません(農業の生産性が上がるのは江戸時代にはいってからですし)

 

サイトに「武士と民衆の境界はおおらか」とありますが、それも当然、この時代の武士は、武士でありかつ農民ですからね〜

秀吉の刀狩りによって、武力を奪われるわけですから。

 

井伊の居館の前に市が立っているのも、中世らしい。

当時の様子をかなり再現していて、斬新な?試みだったんじゃないでしょうか。

網野(善彦)さんが見たらよろこんだかもしれません。

 

広告を非表示にする

阪神淡路大震災

高度経済成長後、それまであまり大きな災害がなかった日本を「突如」襲った大震災。

近代文明が発達しても大災害には無力なんだと思い知らされた震災でした。

 

大震災をさかのぼること数年まえ、会社勤めをしていたころ、西日本から出て来たわたしは、来る来ると言われていた関東大震災に心なしかビビっていました。

それを、東京出身の男性に告げたところ、「今は建築基準がしっかりしているから大丈夫」とおっしゃる。

コンクリートできちんと建てられているなら大正時代の震災のようにはならないよ、、、

 

わたしは、そうなのか〜とおもう反面、そんなに安易に信じて大丈夫?、と不安になりましたが。

 

あれから、いろんなところで大水害が起き、東日本大震災が起き、と人間の力と地球の力の甚大な差をまざまざと見せつけられています。

自然への畏怖が防災の意識につながるのかな、とおもったりします。

 

広告を非表示にする

大寒波襲来の日

きのうの日記です。

 

起きてみるとまあ寒いこと、寒いこと、ここらへんは雪こそ降りませんが、部屋のなかにいても10℃以下。

あんまり寒いので起きてからはしばらく活動できず、家事も滞りがち。

そういう日にようやくLINEをインストールしました。

 

いままで「メールで大丈夫でしょ!」と頑なに入れていませんでしたが、仕事でやり取りするので重い腰をあげたという次第です。

教えてもらったIDを検索したり、こちらから教えて登録してもらうのにも慣れないせいで時間がかかり。

メッセージをやり取りできまでに小一時時間。

吹き出しが連続して表示されるのに新鮮なおどろきが(笑)

次々会話ができるので「ほぼチャット」という印象です。おもしろいですね〜

 

お昼まえから外出して、食事と散歩にいそしみました。

風が吹いて体感気温はほぼ0℃!

 

帰ってからニュースを見ていたら、年賀状のお年玉抽選が発表されたというのでチェック。

今年は見事全敗でした。

#まあ10枚くらいしか来てないんだけど……

でも、当たるときは当たるんですよね、これが。

 

晩ごはんは、前日つくった唐揚げと、焼いた鯵、ミネストローネ、葉っぱのサラダという見事なまでの和洋混合ですませました。

 

広告を非表示にする

千葉駅に行ってきました

千葉そごうで買い物をするため、先日千葉駅を利用しました。

千葉駅といえば、長年?駅が改装中で、改札に出るにも乗り換えるにも通路が狭くてわかりにくく複雑怪奇な駅でしたが、去年の11月に改装が終わり見違えるほどになったということで、期待して行ってきました。

 

まず、ホームから改札に向かう上り下りが変わってました。

以前は、地上二階くらいの高さから、地上一階に向かって階段を降りていました。

新しくなってからは、地上三階の中央改札まで階段を上るようになっています。

 

上ったら上ったらで、景色が一変していて、綺麗な駅ナカができているではありませんか。

改装した品川駅や地方のターミナル駅のような雰囲気でビックリ。

以前の千葉駅ではかんがえられなかった光景です(笑)

 

今はまだ、三階だけのようですが、駅ビルとして四階や地上階も整備する予定だそうです。

もっと便利になるんですかね???

 

というかんじで、「生まれ変わった」印象の千葉駅でしたが、ただ一点不満なのは、千葉そごうへのアクセスに時間がかかるようになったこと。

ホームから上にあがって三階分降りて、通路を通って、京成に出て、なので、ちょっともどかしいのは否めませんでした。

 

あと、メインの中央改札への広い入り口が、ロータリーからは見渡せなくて、せっかくの威容が全貌できないところでしょうか。

JR千葉駅の真ん前にモノレールの千葉駅があるから、それがネックになってるんですよね、、、